飛行機

飛行機で楽しむ国内の家族旅行についてご紹介しています。

家族旅行は最速の飛行機がおすすめ

家族旅行を計画する上で、移動手段をどうするか、悩む人も多いと思います。

マイカーや電車、バス、飛行機など様々な交通手段がありますが、ここでは飛行機で行く家族旅行をご紹介します。


家族旅行となると、その移動手段や交通費は、行き先の次に重要なポイントです。

行き先や家族の人数、同伴する子供の年齢などによって移動手段を決めると思いますが、どの年代の人にとっても、飛行機での移動は体の負担が少なくて済むのでおすすめです。

飛行機での家族旅行の最大のメリットは、移動時間の短さです。
年配の方や小さい子供にとって、長時間の移動は体に大きな負担がかかります。
特に、小さい子供にとって、長時間じっとするのは困難ですし、ぐずる子供をあやしながらの家族旅行は非常に大変です。
でも、飛行機なら最速で目的地まで行くことができますし、車酔いや船酔いなどの心配もありません。

ただし、交通費は高くなることが多いと思います。
その料金についてですが、飛行機に乗れる年齢は、生後8日後からで、席を要しない3歳未満の子供は無料ですが、大人一人につき幼児2人までしか同伴できず、同伴している子供2人とも3歳未満だとしても、1人は席に座らせる必要がありますので、子供料金が発生します。

その際、座席を利用するのが2歳未満の場合は、チャイルドシートを利用しなければならず、持ち込まないといけないことになります。
航空会社によってはレンタルが利用できるところがありますが、持ち込みのところが多いと思います。
持ち込めるチャイルドシートにも基準があるので、それをクリアしなければなりません。

実際に私が、子供3人を連れて帰省する際に、1人は1歳10か月、1人は生後3か月だったため、乗ることができず、車で送り迎えをしてもらったことがあります。
普通に考えて、飛行機に利用できるチャイルドシートを持っている人の方が少ないので、航空会社各社に常備しておいてほしいと思ったものです。
旅行するのに、チャイルドシート持参というのは困りますもんね。

この点から考えて、私個人の意見では、家族旅行に飛行機を利用することは、同伴する子供の年齢、人数によっては良くもあり、悪くもあるかな、と思います。


利用する航空会社によって、おもちゃのサービスや赤ちゃん用ベッドが利用できたり、ミルク作りを手伝ってくれたり、赤ちゃん専用毛布を貸し出してくれるところもあります。
子供向けのサービスが一番充実しているのは、JALですので、航空会社選びの参考にしてください。


以上、飛行機を使っての家族旅行のメリットとデメリットをご紹介しましたので、参考にしていただければ幸いです。

管理人おすすめ!  国内家族旅行お役立ち情報

国内のおすすめ家族旅行関連情報

このページのトップに戻る